高齢者住宅の決め手|契約後も安心して住むために

女性

老人ホーム入居を考える

住宅型有料老人ホームとは 民間が運営する老人ホームのことで、その方に応じた必要な介護保険サービスを利用することができます。入居時ではお元気でも、介護や医療が必要となった場合の想定をしておき、ホームでの受け入れが可能か、費用は賄えるか検討を重ねておけば安心と言えます

介護報酬の請求のソフト

さまざまな介護サービスが提供されるようになっていますが、サービスの対価を介護事業所が受けとるには国保連への請求をしなくてはなりません。そこで導入コストが抑えられてサポートの充実したASPの介護ソフトを導入することを検討しましょう。

高齢者を対象にした施設

車いす

人気の理由

最近は、民間による有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅などの介護施設に注目が集まっています。それは、特別養護老人ホームなどの公的な介護施設への入居希望者が多く、入居者が限られているためです。まだ要介護ではない、元気な高齢者専用の施設がサービス付き高齢者住宅です。有料老人ホームは介護を必要とする高齢者を入居の前提としています。そのため排泄や入浴などの生活全般の介助、健康管理、食事提供等の、一般的な介護施設の印象であると言えます。それに比べて、サービス付き高齢者住宅は、生活相談と安否確認の2点のみのサービス義務しかありません。サービス付き高齢者住宅の特徴は、介護の提供がない代わりに、拘束の少ない自由度のある生活を送れる点です。しかし近年ではサービス面でも有料老人ホームと変わらない施設もたくさん出来つつあり、サービス付き高齢者住宅の様態は多様化しているため、施設ごとのチェックや検討が必要です。サービス付き高齢者住宅の利点は、比較的入居が簡単で、退去させられ難いところです。特別養護老人ホーム等と異なり、介護の必要のない人でも入居しやすいのが特徴といえます。そして高齢者住まい法によって、入居者が同意していない契約解除はできません。言い換えると、突然退去宣告される不安がなく、安定した生活が担保されています。またサービス付き高齢者住宅は増加傾向にあり、入居希望者にとって選択肢が多いこともメリットといえます。

利便性が高い施設の増加

香川県には市街地に近い利便性が高いエリアに多くの老人ホームがあります。自然環境に恵まれた静かな環境でありながら、少し車で走ると市街地に出ることが出来るため、元気な高齢者が外出しやすく、家族や友人が気軽に訪問しやすい環境です。